デザイン科学科より

第25回 卒展のお知らせ

 デザイン科学科は、3年間美術やデザインに専心し、互いに切磋琢磨しながら一途に学び、考えながら制作に励んできました。
 会場に展示する作品は、絵画、デザイン、実写やアニメーションによる映像作品や、CGアート、インスタレーションなど、多様なジャンルに渡ります。37名それぞれの表現の今を、ぜひご覧く下さい。

 

[展覧会名] 第25回 福島西高校デザイン科学科 卒業制作展 2021
[会  期] 2021年12月10日(金)〜12月13日(月) 9:00〜18:00 ※最終日~15:00
[場  所] コラッセふくしま 福島県福島市三河南町1番20号
      (展示に関するお問い合わせは、福島西高校デザイン科学科まで) 

▶その他
 12月11日(土)13:00〜 「中学生のためのギャラリートーク」を実施いたします。

 また、ギャラリートーク終了後5Fプレゼンテーションスペースにて「進学相談会」を実施したします。主に、デザイン科学科に興味関心のある中学生(1、2年生も歓迎)を対象に行います。ぜひご参加ください。

 

 

お祝い 黒板アート甲子園2021‼︎ 入賞‼︎

 全国の中学生、高校生を対象にした「黒板アート甲子園2021」メイン大会で、デザイン科学科の3年生が制作した「パラレルワールド」が入賞しました!

 昨年度に引き続き2年連続の入賞となっており、生徒たちの頑張りが評価されてとても嬉しく思っております。

 この作品は、デザイン科学科の3年生9人が立候補で集まり、春休みを利用して制作しました。眼鏡越しにドット柄の色鮮やかな世界が広がる作品となっており、何げなく過ぎていく日常に変化を求める願いが込められています。

杉妻小学校での黒板アートがお披露目されました!

出張!デザカ・黒板アートin杉妻小学校

11月3日に1年生6名がこっそりお邪魔し、一日かけて描かせていただきました。

この制作は、12日の創立記念日に、子どもたちへアートのプレゼントをしたいという

福島市立杉妻小学校の校長先生からのご依頼で実現しました。

 

 

●制作時間、約7時間半!

 

杉妻小学校のスクールキャラクターや、杉妻小に集うみなさんの主体性を表わす「たい」と一緒に「科学者」「サッカー選手「お花屋さん」など、あこがれの職業の服装の子どもたちが行進する姿を描くことで、子どもたちに、前を向いて明るく元気に過ごして欲しいという願いを込めました。

 

校長先生からのサプライズプレゼントは、子どもたちの目にどんなふうに映ったのでしょうか?

 

「たいむバック」を作ってみて下さい!

福島民報新聞に「情報ナビTime(たいむ)」という、毎週木曜発行の情報誌があります。

4月から「作って‼たいむバック」という企画が始まり

「見て、読んで、作って楽しめる新聞」をテーマに、新聞紙を利用したバック作りが紹介されています。

そこに、デザイン科学科2年生のデザインが登場していますので、ぜひ作ってみてください。

 

 ●10月14日号…2年MAコース

●11月11日号…2年VDコース

●(予定)12月9日号…2年FAコース

 

福島テルサでの「黒板アート」が完成しました。

VDコース2年 「出張!デザカin福島テルサ」

10月30日(土)、31日(日)の2日間、ライブ黒板アート制作を行いました。

10名で、約11時間かけて描き上げましたが、みんなで協力しながら

かわいい海の生き物たちを描くことができて、とても楽しかったです。

企画してくださった福島テルサのみなさま、ご来場いただいたみなさま

本当にありがとうございました!

●福島テルサ2階ホールに、11月28日(日)まで展示されていますので、ぜひご覧ください。

 

 

  

 

 

【2021年11月7日(日)福島民友・みんゆうジュニア情報局に記事が掲載されました】

 

デザカの日々2021④ 制作のようす

3年VDコース

12月の卒展に向けて、現在、卒業制作に取り組んでいます。

さまざまな学校行事が中止になってしまった学年だからこそ、

卒業制作では思いっきり表現活動に心を注いで、満足のいく作品にして欲しいと思っています。

 

 

 

1年生

「自画像」を制作しています。

 

 

事前に鉛筆デッサンで構造や構図について学習してから、キャンバスに描いています。

自分自身の「今」をしっかり見つめて、描き切って欲しいです。

 

 

 

黒板アート制作のため、出張します!

2年VDコース

「出張!デザカ・黒板アートin福島テルサ」のご案内

10月30日(土)、31日(日)の2日間、福島テルサ2Fロビーにおいて、公開・黒板アート制作を行います。

本番が近づく中、生徒たちは活発に意見を出し合いながら、準備と練習を進めています。

テーマは「海の中」。大きな黒板1枚、小さな黒板3枚、合計4枚の黒板を、10名で描きます。

 

 

感染防止対策、ということで入場制限がありますが、制作の様子をご覧いただける企画となっております。

多くのみなさんに会場においでいただければ嬉しいです。

詳しくは、福島テルサのチラシをご覧ください。

→ oshirase-20211004.pdf

 

ワイナリ―見学会に参加しました♪

VDコース2年生

今年度の、新しい企業連携企画がスタートしました。

昨年度お世話になった(株)吾妻山麓醸造所さんに、今年度の2年生もお世話になり

「ふくしまシードル」2021のラベルデザインをさせていただきます。

今回、デザイン制作の準備としてワイナリー見学会に参加し

施設や取り組みについて説明を伺ってきました。

 

 

心地よいロケーション。いずれはショップやドッグランなども整備されるそうです。

 

醸造担当の方から丁寧に説明していただき、とても勉強になりました。

 

福島の復興と地域おこしの発信を理念として

ワイン造りだけでなく、様々な取り組みを検討されているそうです。

30年後の福島を元気にするために、私たちも責任を持って関わらせていただきたいと思っています。

 

エールポストのポスタープレゼンテーション

VDコース2年生

企業連携企画である「エールポストの活用促進のためのポスター」が完成し、プレゼンテーション会が実施されました。 この事業は、福島市出身の作曲家・古関裕而さんの功績や、手紙文化の継承など伝えるためのポスターとポストカードをデザインさせていただく、というものです。

●1学期中に、普通科の2年生とデザ科の1、3年生に協力してもらいアンケートを実施しました。その意見をもとに客観性を取り入れながら、11名が3つのグループに分かれ、アイディアをまとめていきました。また、古関裕而記念館を訪れたり、音楽をBGMに流しながら制作を行うなど、自分たち自身が古関裕而さんをもっと知り、その偉業を理解して制作することを意識して進めました。

 

  

 

●8月27日(金)、企業の方をお招きしてプレゼンテーション会が行われました。

「エールポストから」という共通コピーをタイトルにして、3つのグループが手描きで完成させたポスターは、どの作品も、懐かしさや優しさが感じられるデザインになったと思います。見ていただいた方々からも、お褒めの言葉をいただけたので良かったです。

 

 

 

ポスターは今後、株式会社 第一印刷さんのもとで印刷されます。また、ポスター原画展も開催予定であると伺っています。

次は、オリジナルポストカードの制作に入ります。こちらは個別デザインのため、11種類のポストカードが完成する予定ですので、楽しみにしていてください。